略奪愛の成功例と失敗例

MENU

略奪愛の成功例と失敗例

不倫を始めた頃はこのまま割り切って楽しく付き合っていけたらいいと思っていても、日に日に情が増して気が付くと本気になっていたということはよくあります。

 

そもそも割り切ったまま付き合い続けるということの方が人の感情として難しいことですので、本気になってしまうのは仕方のない自然な感情かもしれません。

 

ですがそこで自分の気持ちを抑えたまま不倫関係で続けていくのか、あるいは自分の気持ちを貫いて彼を相手の女性から略奪するのか、これはひとによってさまざまでしょう。

 

略奪愛は本来成功するのは難しいことですが、実際に成功している例もたくさんありますので、成功例と失敗例をあげてその違いは何だったのかを考えてみたいと思います。

 

 

略奪愛の成功例と失敗例

「既婚男性を奥さんから略奪した成功例・自分が独身の場合」

 

略奪という言葉はややイメージが良くないよう人感じるかもしれませんが、具体的には彼の気持ちを離婚を決心させるほどこちらに向けたということです。

 

成功した彼女が当時結婚していた彼に離婚を決意させたのは、付き合ってちょうど1年くらい経った頃です。
わずか1年の付き合いで、と思うかもしれませんが正直不倫は長引けば長引くほど相手の人はその関係に慣れてしまい、もうこのままで良いと感じてしまいます。

 

特に不倫関係がスムーズで誰にもばれていなければ、その関係は居心地の良いものとなり、あえて既婚なんて面倒なことをしようとは思わなくなります。
ですので本当に彼を奥さんから略奪したいのであれば、早めに覚悟を決めることも大切です。

 

成功した彼女はとにかくかわいらしく付き合い始めの新鮮な関係を維持していきました。
料理ができることはアピールしたほうがよいですが、何より彼の話を丁寧に聞きました。

 

よく笑っていつも幸せなオーラを出しました。

 

それは新婚の頃をイメージさせるものです。
長い結婚生活で失われていく初々しさと新鮮なドキドキ感を相手に思い出させていくように自分を演出することが大切です。

 

 

既婚男性を奧さんから略奪した成功例・自分も既婚の場合

自分も相手も既婚ですが、自分の方はもう夫との関係が破たんしていた場合です。
この場合は相手の奥さんのリサーチが必要になります。

 

つまり彼の奥さんの足りない部分を自分は持っているということをアピールする必要があるからです。

 

料理が下手、あるいはマンネリしているなら自分は料理が得意なのをさりげなく伝えるなどです。

 

またこの場合もとにかく相手の話を楽しそうに聞いてあげましょう。
よく笑って、どんな話でも興味がありそうにふるまいましょう。

 

 

既婚男性の略奪に失敗した例

自分が独身でも既婚でも、失敗例の共通点はひとつです。

 

それは相手といっしょにいる時に自分の話ばかり話して相手の話を十分に聞かない場合です。

 

たまにしか会えないので話したいことがたまっているのは分かりますが、それでは既婚者の彼にとっては今ある家庭と同じになってしまいます。
同じであれば、別に今のままでもかまわないと感じます。
離婚しようとまでは思わないでしょう。

 

 

おわりに

不倫相手に離婚を決意させるためにはとにかく明るい自分でいることが大切です。
彼にとって自分の話を楽しそうに聞いてくれる明るい女性は手元においておきたくなります。
家に帰ったら彼女が待っているということを勝手にイメージしてくれるようになっていきます。

 

略奪愛の成功失敗の分かれ目は、実は本当に何気ないことなのです。

 

 

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!

関連記事一覧