不倫の関係で妊娠してしまったときの行動

MENU

不倫の関係で妊娠してしまったときの行動

不倫の末に子どもができてしまったらどうしたらいい?
人に認めてもらえない、公開できない恋…それが既婚者との恋愛。不倫です。
そんな不倫の関係をもった相手との性行為で、妊娠してしまうことも可能性は0ではありません。
事実、不倫相手の子を妊娠したという相談は、ネット上でもよく見られます。

 

そうなると選択肢としては、産むか、堕胎するかのどちらかとなりますよね。
できることなら、愛する人との子どもですから堕胎は避けたいと思いますよね。

 

ではもし不倫相手の子どもを妊娠したら、どういう行動パターンが選択できるのでしょう。
いくつかの行動パターンをまとめてみました。

 

 

不倫相手に話して説得し、奥さんと別れてもらって結婚する

お腹の子のためには一番理想的なパターンです。

 

不倫相手と妻との間に子どもがいなかったり、またはもう子どもがある程度成長しており子どもに関する不都合がない相手の場合、成功する可能性が高い方法です。

 

しかし不倫相手の妻との子がまだ小さい場合などは、なかなか難しいのが実情のようです。

 

またこの場合、不倫相手の妻側が不倫の事実を知りあなたに慰謝料請求をしてきた場合、あなたには払う義務が発生します。
不倫相手も有責となるため、慰謝料と子どもが成人するまでの養育費を払うことになる可能性が高いです。

 

 

結婚は諦めるが、認知だけはしてもらう

認知とは、自分の子どもだと認めてもらうことです。

 

不倫相手が認知をした場合、不倫相手はあなたとの子に養育費と生活費を払う義務が発生します。

 

また嫡出子と同じように、相続の権利があります。

 

また、もし「俺の子じゃないかもしれない」と認知を拒否されても、家庭裁判所で調停に持ち込み、DNA鑑定をして相手の子だと結果がでれば「審判認知」の判決がでて、強制的に認知してもらえます。

 

もし相手が調停に応じず不調となった場合は、人事訴訟を起こすこともできます。

 

しかしこの場合、1と同様、不倫相手の妻に知られることは免れないため、あなた個人に不倫の慰謝料を請求される場合があります。

 

またDNA鑑定などをする場合は、基本的に鑑定を求める側の負担となります。
また性交渉があった証拠(メールなどでのデートの記録)などが重要視されるため、そのような証拠を残していない場合、不利になります。

 

 

結婚を諦め、認知して貰わない

「相手に迷惑をかけたくないから…」と身をひく、または「結婚して子の父親になってくれない人になんて認知されなくていい!」と諦める、または不倫相手の態度の変化にショックを受けて認知への意欲がわかず…と、認知して貰わずに産む人もかなりの人数います。
この場合、不倫相手の妻ににバレなければ慰謝料は払う必要はありません。

 

しかしこの方法はあまりおすすめできません。

 

認知してもらわない場合、子どもの戸籍の父親の欄は空白になります。

 

認知をしてもらえなかった子が、大人になって自分の戸籍謄本を取り寄せた時に、「自分は認めてもらえなかった子なのか」と感じたという声を聞くことがあります。
また養育費も生活費ももらえないため、子どもにかかる費用はすべて自分で稼いでまかなわなければならなくなります。
もちろん相続の権利もありません。

 

お腹の子のこれからの将来を考えると、できる限りこの方法は避けたいものです。

 

母親として頑張りたい子どものための行動

不倫の末に生まれた命でも、大切な大切な命です。
妊娠するつもりなく妊娠してしまった場合、望んで妊娠した場合、どちらのパターンでもお腹の子のために相手の男性とできる限り話し合い、これからのことを決めるようにしましょう。

 

他に言えない不倫の悩みを解決したいときは…

そんな時は電話占いがお勧めです!

プロの占い師があなたの悩みにズバリ切り込みます!

不倫専門占い師も数多く在籍!完全守秘義務性で安心!

初回限定無料キャンペーンのサービスもあり!

まずは一度お試しください!

関連記事一覧